2011年08月24日

フランス屈指の富豪、富裕層に対する臨時課税を提案

http://jp.wsj.com/World/Europe/node_294009

【パリ】化粧品会社ロレアルの相続人で、富豪としても知られるリリアン・ベッテンコートさんが23日、富裕層に対して臨時課税を行うよう、フランス政府に求めた。

画像を拡大する


Agence France-Presse/Getty Images

リリアン・ベッテンコートさん(左)

 サルコジ仏大統領は、増税は行わないとの選挙時の公約を堅持しながら赤字削減に取り組んでいる。ベッテンコートさんほか15人のフランスの富豪は、「結束を見せてほしいと政府が言っているときに、私たちも貢献すべきだと考える」と、ウェブサイト上に公開した書簡で述べた。

 フランスでは、富裕層が同国の福祉制度の恩恵を受けながら、あまり貢献していないとの批判を受けている。6月にはフィヨン首相が、一部の企業が経営陣に対して支払っている「法外な」報酬に「ショックを受けた」と述べた。

 ベッテンコートさんは最近、脱税容疑をかけられた。弁護士は「税金問題はすべて解決した」と23日に述べた。



貧富の差がありすぎますね。



Posted by 犬塚 ツメ at 21:59│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。